メニュー
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 社長ブログ
  4. 腰痛で杖を使わないと歩けないおじいさん

腰痛で杖を使わないと歩けないおじいさん

投稿者:和田 洋


今日は、腰痛がある82歳のおじいさんのお話です。

publicdomainq-0001848moi.jpg
初診時、腰から右足にかけて痛くて、杖を使ってやっと歩くことが出来るという状態でした。

パンダ接骨鍼灸院に来るまでは、某有名整形外科で注射を受けていたそうです。ご家族が、これでは絶対にダメということで、パンダを選んでいただいたとの事です。


パンダでは、姿勢写真を撮影させていただき、身体の歪みを見つけます。
そこから、どこに負担がきて、どこに痛みがきているのか、どういう身体の使い方をしているのか?を判断材料に加えています。


かなりの確率で痛みは姿勢に現れます。


そして、その姿勢から悪さをしている犯人にアプローチをします。
今回も、もちろん見つけ出したそうです。
o0512038411858827595.jpg
犯人は、腸腰筋です!!


腸腰筋に適切な刺激を与えると、痛みが取れたのです。
また、腸腰筋を鍛える「楽トレ」をしていただきました。

結果、痛みはほぼ取れ、杖なしで歩けるようになりました。


はじめの頃は、ご家族の方に院まで連れてきて頂いていたのに、今ではご自身で車で通って来られます。

素晴らしいですね!!

私達、「どこに行っても治らない!」という重い症状を治すことが大好物なんです!!なぜなら、目の前ですごく喜んでいただけるからです。なんだったら涙を流して喜んでくれます。


まとめ
①腰痛の真犯人を確実に見つける
②真犯人の腸腰筋に対して適切なアプローチをして、痛みをとる。
③腸腰筋がきっちり使えるように鍛える。


パンダでは、一言で腰痛と言っても
「腰椎椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「梨状筋症候群」「ギックリ腰」「なんとなく腰が痛い」まで、なんでも対応できます。

あんまり大きな声で言えませんが、手術を迫られていた人を...。
詳しくは、お近くのパンダ接骨鍼灸院までお尋ね下さい。

カテゴリ
top
LINEから問い合わせ ここを押すと電話