広島腰痛・肩こり・骨盤矯正など
どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける

パンダ接骨鍼灸院〜どこに行っても治らない症状に挑戦し続ける〜

082-881-1666
  • 緑井で
    口コミNo.1!
  • 可部で
    口コミNo.1!
  • 江津市嘉久志町で
    口コミNo.1!
メニュー
  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 猫背
  4. 正しい姿勢を維持するためのコツとは?

正しい姿勢を維持するためのコツとは?

投稿者:保氣口 嵩

こんにちは!

今回は、なぜ姿勢が崩れてくるのか?という事とそうならない為のセルフ姿勢維持の方法を紹介したいと思います。

皆さんいい姿勢でいる事の大事さは分かっていてもそれを維持することが難しいとよく言われます。「長年の癖だから」と諦めている人もいるんじゃないでしょうか?

では、なぜ意識していても姿勢が崩れて来るのでしょう?人間は座った状態でいる時、股関節が90度の位置が1番安定したポジションになります。その状態を維持できればいいのですが、インナーマッスルである腸腰筋が弱かったり、お尻が沈んでしまい骨盤が後ろに傾いてしまうのでその状態から股関節90度を保とうとするため、だんだんと背中が丸くなってしまいます。そして、良い姿勢を保つ事が大事だとわかっていても姿勢が崩れてくるのです。

そこで今回はそうならない為の簡単な一工夫をお教えしたいと思います。



「椅子の座り方」
まず、椅子に座る時はなるべく深く腰掛け太ももの裏(面)で身体を支えるようにしましょう。
浅く腰掛けると姿勢を狭い範囲(点)で支えている事になるので、その状態から面を作ろうとして徐々に背中が丸くなってきます。
IMG_0993_R.JPG


そして次に、お尻の下に丸めたタオルなどを敷きます。この時お尻の下の出っぱった骨(坐骨)よりも後ろに敷いて座面が沈まない様にします。
IMG_0994_R.JPG



「床での座り方」
あぐらをかくと、膝が股関節よりも上にくるので股関節90度を保とうとすると自然と背中は丸くなります。
あぐらの場合、股関節が膝よりも高い位置にくるようにお尻の下に座布団を折ったものやタオルを敷いてあげましょう。
IMG_0995_R.JPG

IMG_0996_R.JPG

正座はあぐらに比べると腰への負担は少ないのですが、これも股関節の高さの調整をしてあげれば自然に真っ直ぐな姿勢を維持しやすくなります。
IMG_0999_R.JPG

IMG_1001_R.JPG



「ビジネスチェアの座り方」
オフィスなどで見かけるキャスター付きの椅子は、背もたれの下の方は少し窪みになっていますよね?そういうビジネスチェアでは真ん中の方に座るのではなく、お尻をはめ込むように座ります。そうすると背もたれがすぐ背中にあたるので背中が丸くなりにくくなります。
背中に丸めたタオルを入れればさらに身体を起こしやすくなります。
IMG_0997_R.JPG

IMG_0998_R.JPG



「車での座り方」
車のシートはお尻が沈んで膝が股関節よりも上の位置に来るように出来ているので、骨盤は自然と後ろに倒れてきます。
IMG_1002_R.JPG

そこで、シートはあまり起こさず股関節が90度になるようにします。
そしてなるべく深く腰掛け、骨盤が後ろに倒れないようにタオルを丸めたものなどを入れて骨盤を起こします。タオルは縦に骨盤から背中にかけて入れても大丈夫です。
IMG_1003_R.JPG


このようにいつもの座り方に少し手を加えるだけでも正しい姿勢をキープする事ができます。
せっかく時間とお金をかけて痛みを減らす事ができても、その状態を自身でキープできるようにする事がとても大事なので是非試してみてください!

まとめ
○股関節が90度の状態が座り姿勢は1番安定する。
○股関節は膝よりも高い位置を意識する。
○座面は点でなく面を意識する。

カテゴリ
top
お問い合わせ ここを押すと電話
082-881-1666