メニュー
  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 寝違え
  4. 朝起きた時の衝撃!!寝違え編

朝起きた時の衝撃!!寝違え編

投稿者:村上 友理

こんにちは(*'▽')v

今回は、朝起きた瞬間の《ズキッ》とした痛みがあり
さらに、首を動かすことが出来なくなる・・・【寝違え】について書いていきます!!


私もなったことがあるので辛さは、よくわかります!

仕事中や家のあれこれをしていても、『ふっ』とした瞬間に下を見たり呼ばれてふり向いて

首を動かすと痛みを自覚してしまう・・・辛いですよね(´;ω;`)

しかし、ここで注意して頂きたいのが痛いからと言って

力を入れてもんだり、ごりごり押したりするのは厳禁ですΣ(゚Д゚)

じゃあ、どうしたらいいの?!(;´・ω・)

まず、なぜ寝違えが起こってしまうのか、またご自身で対処できる方法

寝違えを起こさせない工夫もご紹介していきます(^O^)/

ただ、ご自身で対処できない場合もあります。

・痛みに耐えられない

・2~3日経過していても改善しない

・手足にしびれがある

こういった場合は、ご自身だけで悩まれずご相談ください(^^)


【なぜ、寝違えが起こるのか!?】

20180115115717.JPG

寝違えは、眠る時に首の位置が不安定だったり、狭い所で寝ていて寝返りが打てない状態で

長時間睡眠をとり首まわりに負担がかかり続け、筋肉や靭帯、腱を痛めてしまう事で起こります (;´・ω・)



【寝違え時の対処法】

・軽いストレッチをする

痛みにより首肩周りの筋肉が緊張して固まっているので、ストレッチで緩めると痛みが和らぎます。

しかし、過剰にストレッチをしてしまうと逆効果になりますので出来るだけ優しく行いましょう(*^-^*)

首前面

机に肘をつき、両手で顎を支え首の前の筋肉を伸ばします。片方づつしてもよいです。

20180115125258.JPG

首後面

両手で後頭部を持ち優しく押し頭の付け根や首の後ろを伸ばします。

各ストレッチは1回30~60秒ほど時間をかけ無理をしないように伸ばしましょう(^O^)/

20180115125231.JPG

※状態によっては、ストレッチが合わないこともあります。

ストレッチを行っても、よくならない・痛みがでる場合は、すぐ中止しましょう。




【寝違えを起こさない工夫】

首に負担が掛からないように頭の位置が重要です。

タオルなどで調整するのがオススメです(*^-^*)

20180115120518.JPG

【枕の理想的な高さ】

上向きに寝た時に、首の角度が15度

横向きになった時に顔が水平になる

寝返りがスムーズにうてる

寝違えにならない工夫(その他)

ストレスをためない・入浴する・夜眠る前にスマホやPCを控える・首や目を温める・うつ伏せで寝ない

と、色々予防方法はありますが、実際に寝違えになってしまった・・・

そして、仕事ある、子どもの三者面談がある、面接試験があって早く治さないといけない!!



大丈夫です!パンダにおまかせください(*'▽')v

急になったものほど、早めに来ていただいて治療すると治りが早くなります!!!

痛み・お悩みございましたら。パンダ接骨鍼灸院までご相談ください(*´ω`*)

カテゴリ
top
LINEから問い合わせ ここを押すと電話